• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「書経」太甲から》天災は備えがあれば避けることもできるが、みずから招いた災いは逃れることができない。