• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 天の岩戸」に同じ。

    1. 「ひさかたの―開き高千穂の岳に天降 (あも) りし」〈・四四六五〉

  1. 日月の渡る空の道。大空。

    1. 「秋風に声をほにあげて来る舟は―渡る雁 (かり) にぞありける」〈古今・秋上〉

  1. 天の川の川門 (かわと) 。

    1. 「たなばたの―渡る今宵さへ遠方 (をちかた) 人のつれなかるらむ」〈後撰・秋上〉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉