• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「論語」憲問から》自分の身がいかに不遇でも、天を恨まず、また人をとがめず、みずから反省して修養に努める。