• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天下無双の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天下に並ぶ者がいないほど、すぐれているさま。また、その人。▽「無双」は世に並ぶものがないさま。「下」は「が」、「無」は「ぶ」とも読む。
出典
『史記しき』李将軍伝りしょうぐんでん
句例
天下無双の剣の達人
用例
就いては当今天下てんが無双の強者つわものと申すは、いずくの国の大将でござろうぞ。<芥川竜之介・きりしとほろ上人伝>
類語
国士無双こくしむそう 天下第一てんかだいいち 天下無比てんかむひ 斗南一人となんのいちにん
活用形
〈―ナ〉

天下無双の解説 - 学研 四字辞典熟語

この広い世の中で比べるものがないほどすぐれていること。
注記
「無双」は、世の中に並ぶものがないこと。「天下」は「てんが」、「無双」は「ぶそう」とも読む。
出典
『史記しき』李将軍りしょうぐん
類語
海内無双かいだいむそう 国士無双こくしむそう 斗南一人となんのいちにん

天下無双の解説 - 小学館 大辞泉

《古くは「てんかぶそう」とも》天下に並ぶものがないこと。「天下無双の剣士」

[人物像を表す/英雄豪傑]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース