• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三島由紀夫の長編小説「豊饒の海」の第4巻。昭和46年(1971)刊行。第1巻から第3巻までの主人公の転生者と思われた少年が本物ではないとわかる、寂寥 (せきりょう) 感の漂う作品。