• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天保12~14年(1841~43)老中水野忠邦が行った幕府の政治・経済改革。倹約・風俗粛正を断行し、農村復興のための人返しの令、株仲間の解散、物価引き下げなどの諸改革を行った。また、江戸・大坂10里四方を天領としようとしたが、激しい反対にあい、忠邦は失脚した。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉