1. 天保通宝の俗称。

  1. 《明治時代、天保通宝の通用が8厘で1銭に足りないところから》知恵の足りない者。

  1. 《形が似ているところから》旧陸軍大学校卒業生が胸につけた記章。また、その軍人。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫