• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天地一指の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世に存在するものは、個々の違いを越えて斉一なものであるという考え。すべての対立を超えた絶対的な観点からみれば、天も地も一本の指と同じものであるという意。
出典
『荘子そうじ』斉物論せいぶつろん
句例
天地一指の立場、天地一指の観点
類語
万物一馬ばんぶついちば
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。