伊豆半島中央部、伊豆市と河津 (かわづ) 町との境にある峠。標高840メートル。北伊豆と南伊豆とを結ぶ交通の要所で、峠の下に新旧2本の天城トンネルが通じる。旧トンネルは川端康成の小説「伊豆の踊子」の舞台となった。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉