天変地異の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天地間に起こる自然の災害や、変わった出来事のこと。▽「天変」は天空に起こる変動のこと。異常気象やそれによってもたらされる災害で、日食・隕石いんせき彗星すいせい暴風・大雨などをいう。「地異」は、地震・津波・火山の噴火など地上で発生する異変のこと。
句例
天変地異の前触れ
用例
慶長けいちょうの初めには疫病が流行はやり、天変地異がつゞいた。こんな事を仏僧や神官が神仏の怒りとして持ち出さずにはおく訳はなかった。<長与善郎・青銅の基督>
類語
天災地変てんさいちへん 天変地変てんぺんちへん
対義語
地平天成ちへいてんせい

天変地異の解説 - 学研 四字辞典熟語

天地間に起こる自然災害や異変。
注記
「天変」は、天の異変。日食・流星など天体の異変。また、大雨・暴風・落雷など。「地異」は、地に起こる異変。洪水・氾濫・津波・地震・火山噴火など。
類語
天災地変てんさいちへん

天変地異の解説 - 小学館 大辞泉

天変と地異。自然界に起こる異変。台風・地震・洪水など。

キーワード[災難]の四字熟語

出典:青空文庫