• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天孫降臨の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

記紀きき(『古事記』と『日本書紀』)の神話の中で、孫の天津彦彦火瓊瓊杵尊あまつひこひこほににぎのみことが国土平定のため、天照大神あまてらすおおみかみの命を受けて、高天原たかまがはらから日向国ひゅうがのくに(今の宮崎県)の高千穂たかちほ峰に天下ったこと。▽「天孫」は天照大神の孫の瓊瓊杵尊のこと。「降臨」は神仏が天界から地上に天下ること。「降」は「ごう」とも読む。
出典
『日本書紀にほんしょき』神代紀じんだいき
句例
天孫降臨の神話
用例
いわゆる天孫降臨になる。この瑞穂国みずほのくにに降臨し、国をひらき、その直系が日本の皇室をつくっていく。<司馬遼太郎・義経>

天孫降臨の解説 - 学研 四字辞典熟語

日本神話で、天照大神あまてらすおおみかみの命を受けて孫の瓊瓊杵尊ににぎのみことが、国土平定のために高天原たかまのはらから日向国ひゅうがのくに(今の宮崎県)の高千穂たかちほに天降ったこと。
注記
「天孫」は、天照大神の孫。「降臨」は、神が天上から下界へとおりること。「降」は、「ごう」とも読む。
出典
『日本書紀にほんしょき』神代・下

天孫降臨の解説 - 小学館 大辞泉

日本神話で、瓊瓊杵尊 (ににぎのみこと) が、天照大神 (あまてらすおおみかみ) の命を受けて葦原の中つ国を治めるために高天原 (たかまがはら) から日向 (ひゅうが) 国の高千穂峰に天降 (あまくだ) ったこと。