• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

泉鏡花の戯曲。大正6年(1917)、文芸誌「新小説」に掲載。魔界の者がすむ白鷺城(姫路城)の天守閣を舞台に、天守夫人富姫と鷹匠の若者の恋を幻想的に描く。昭和26年(1951)、新橋演舞場で初演。その後も歌舞伎やオペラなど、さまざまなジャンルに展開されている。