• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

聖徳太子の死後、妃の橘大郎女 (たちばなのおおいらつめ) が、天寿国における太子の往生のさまを縫い取りさせた最古の日本刺繍 (ししゅう) 二帳。現在はわずかな残欠が中宮寺に伝わる。国宝。天寿国繍帳 (しゅうちょう) 。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉