• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代の武具の染め革の一。正平 (しょうへい) 革にならって古様に染めたもので、獅子や牡丹などの模様の中に「天平十二年八月」の文字を染め出してある。