[名・形動]

  1. 人為が加わっていないこと。自然のままであること。また、そのさま。「―の良港」⇔人工

    1. 「栄養不足で―に立枯になった朴の木の様なもので」〈啄木・雲は天才である〉

  1. うまれつき。天性。「―の美声」

  1. 《「天然ぼけ」から》意図せずとぼけた言動をすること。また、そのような人。「―な人」

出典:青空文庫