• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

テングニシ科の巻き貝。浅海の砂泥地にすむ。貝殻は長紡錘形で殻高約15センチ。殻口は縦に大きく開き、殻表に黄褐色の厚い皮をかぶる。卵嚢 (らんのう) は海ほおずきとよばれる。肉は食用、殻は貝細工用。房総半島以南に分布。