• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 富くじをまねたばくちの一種。曲物 (まげもの) に1から15までの木札を入れ、錐 (きり) で突き刺して、札を当てるもの。

    1. 「右の手に錐 (きり) を持ちて、―と名づけ、道行く人を詐 (たら) し」〈浮・二十不孝・三〉

  1. 無尽の一種。くじに当たった者は、金を取った上にその後の掛け金を出さなくてよい頼母子講。天狗無尽。

    1. 「無尽の沙汰には及び、―と人にはいはれ」〈風俗文選・天狗弁〉