• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
明治憲法の解釈において、主権は国家にあり、天皇は法人である国家の最高機関であるとする学説。美濃部達吉らが唱えたが、国体に反する学説として非難され、昭和10年(1935)国体明徴問題を引き起こした。
尾崎士郎の長編小説。昭和26年(1951)刊。の事件と二・二六事件を描き、文芸春秋読者賞を受賞。