抹茶茶碗の一。擂鉢 (すりばち) 状で口縁はわずかにくびれ、高台 (こうだい) は低く小さい。鎌倉時代に中国浙江 (せっこう) 省の天目山の寺院で学んだ留学僧が持ち帰ったところからの名。建盞 (けんさん) を頂点として古くから珍重され、日本でも瀬戸などで写しが作られた。天目。