[名・形動]自然のままで飾りけのないこと。無邪気なこと。また、そのさま。
  • 「―に大口あけて飯を頰ばっている」〈林芙美子・放浪記〉