テングサ科の紅藻。干潮線以下の岩に生える。10~15センチの平たい線状で、堅く、細かく羽状に分枝し、暗紅色。古くからところてん寒天の材料にされる。寒天の材料になるテングサ科の紅藻にはヒラクサオニクサなどもある。まくさ。ところてんぐさ。かんてんぐさ。 夏》「見るうちに―を乾し拡げたり/虚子

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

出典:gooニュース

出典:青空文庫