天衣無縫の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物事に技巧などの形跡がなく自然なさま。天人・天女の衣には縫い目がまったくないことから、文章や詩歌がわざとらしくなく、自然に作られていて巧みなこと。また、人柄が飾り気がなく、純真で無邪気なさま、天真爛漫らんまんなことをいう。また、物事が完全無欠である形容にも用いられることがある。▽「天衣」は天人・天女の着物。「無縫」は着物に縫い目のないこと。「無縫天衣むほうてんい」ともいう。
出典
『霊怪録れいかいろく』郭翰かくかん
句例
天衣無縫な文章
用例
すべてが型破りで、それで天衣無縫の善智識で、なおかつ八十八歳の高齢を全うされたお方だ、と話してきかせた。<野上弥生子・秀吉と利休>
類語
純真無垢じゅんしんむく 天真爛漫てんしんらんまん
活用形
〈―ナ〉

天衣無縫の解説 - 学研 四字熟語辞典

天人や天女の着物には縫い目がないという意から、詩文などが、よけいな修飾がなく、自然でわざとらしくなく完成されていること。また、人柄が純真ですなおで、まったく嫌みがないさま。物事が完全無欠であることの形容。
注記
「天衣」は、天人や天女の着物。「無縫」は、縫ってないこと。
表記
「衣」を「意」「威」、「縫」を「法」などと書きちがえない。
出典
『霊怪録れいかいろく』郭翰かくかん
類語
純真無垢じゅんしんむく 天真爛漫てんしんらんまん

天衣無縫の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]《「霊怪録」による》
  1. 天人の衣服には縫い目のあとがないこと。転じて、詩や文章などに、技巧のあとが見えず自然であって、しかも完全無欠で美しいこと。また、そのさま。「天衣無縫な(の)傑作」

  1. 天真爛漫 (てんしんらんまん) なこと。また、そのさま。「天衣無縫に振る舞う」

  1. 九連宝灯 (チューレンパオトウ) 

キーワード[完全]の四字熟語

キーワード[純情・純粋]の四字熟語

キーワード[素直]の四字熟語

出典:gooニュース

出典:青空文庫

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。