太公望の解説 - 小学館 大辞泉

中国、代の政治家。姓は呂 (りょ) 、名は尚、字 (あざな) は子牙 (しが) 。渭水 (いすい) で釣りをしていて、周の文王に見いだされ、先君太公の望んでいた賢人だとして太公望とよばれたといわれる。文王武王を助けて殷 (いん) を滅ぼし、その功によってに封ぜられた。兵書「六韜 (りくとう) 」の著者ともいわれる。
の故事から》釣りをする人。釣りの好きな人。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉

出典:gooニュース