《古くは「うつまさ」とも。雄略天皇のとき、秦酒公 (はたのさけのきみ) が賜った禹豆麻佐 (うつまさ) に由来する》京都市右京区の地名。朝鮮から渡来した秦 (はた) 氏の居住した地で、氏寺として建立された広隆寺がある。昭和初期に映画産業の中心の一つとなり、現在は映画村がある。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉