• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

豊臣秀吉の一代記の総称。寛永3年(1626)ごろ成立の小瀬甫庵 (おぜほあん) 著「甫庵太閤記」22巻がその代表的なもの。史料的価値の高い川角 (かわすみ) 三郎右衛門著「川角太閤記」5巻のほかに、「絵本太閤記」「真書太閤記」が流布。浄瑠璃には近松門左衛門の「本朝三国志」や近松柳らの「絵本太功記」、歌舞伎には4世鶴屋南北の「時桔梗出世請状 (ときもききょうしゅっせのうけじょう) 」などがある。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉