• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
灰谷健次郎の児童文学作品。昭和53年(1978)刊行。挿絵は田畑精一。神戸に住む少女ふうちゃんは、父親が精神を病んだきっかけを調べる過程で、沖縄戦の歴史を知る。昭和55年(1980)、「太陽の子てだのふあ」の題名で映画化されているほか、前進座による舞台化作品もある。
福士幸次郎の第1詩集。大正3年(1914)刊行。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉