• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

人工衛星がとる軌道の一。太陽同期軌道準回帰軌道を組み合わせたもの。衛星直下の地表における太陽の入射角が一定となり、同一条件の下で地表を観測できることに加え、一定周期で同一地点の上空に戻ってくるため、地球観測衛星の軌道として利用されることが多い。