• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 太鼓のように大きな印判。転じて、確実であるという保証。

  1. 江戸時代以前につくられた甲州金の一。表面外周の装飾が太鼓の皮留めの装飾に似ているところからいう。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース