《「ふやく」とも》労働で納める課役。律令制では広く人身課税をさし、調雑徭 (ぞうよう) などを総称したが、中世にはしだいに守護役・陣夫・伝馬役などの労役に限定され、江戸時代には助郷役国役などがあった。ぶえき。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース