• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

夫がありながら、他の男と肉体関係を結ぶこと。

「せめて濁らぬ人さんと道ならねども―」〈久保田彦作・鳥追阿松海上新話〉