• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

目の部分だけを開けた、主として婦人用の頭巾。貞享・元禄(1684~1704)のころ流行したもので、黒または紫の絹を用い、裏には紅絹 (もみ) をつけた。気儘 (きまま) 頭巾。奇特帽子。