• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

の商人呂不韋 (りょふい) に人質になっていた秦の王子子楚 (しそ) を助けて、あとでうまく利用しようとしたという「史記」呂不韋伝の故事から》珍しい品物は買っておけば、あとで大きな利益をあげる材料になるだろう。得がたい好機を逃さず利用しなければならない意にいう。

[補説]書名別項。→奇貨居くべし

宮城谷昌光の長編歴史小説。秦の宰相となる呂不韋 (りょふい) の波乱の生涯を描く。春風篇、火雲篇、黄河篇、飛翔篇、天命篇の全5部を平成9年(1997)から平成13年(2001)にかけて刊行。