• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「おくが」とも》

  1. 奥深い所。果て。

    1. 「常知らぬ国の―を」〈・八八六〉

  1. 時間的にへだたった所。将来。

    1. 「家にてもたゆたふ命波の上に思ひし居れば―知らずも」〈・三八九六〉