• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、札差 (ふださし) 旗本などからの借金依頼にあたって、現金がないのを口実に他の金主に口をきき、借用証文に保証人として奥印を押し、周旋料を取って貸す金。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉