1. 貴人の妻の敬称。他人の妻を敬っていうのにも用いられる。夫人。

  1. 《「おくかた」とも》奥の間 (ま) のほう。

    1. 「今日は―へ召され、姫君様よりお料理を下さるると承る」〈浄・反魂香

奥州方面。
    1. 「―に知召 (しろしめ) したる人や御入り候」〈義経記・一〉

出典:青空文庫