《「おやまにんぎょう」から出た語という》

  1. 歌舞伎おんながた。また、操り人形の女役の人形。

  1. 上方で、遊女。

    1. 「昼三とやらいふ―を買うたが」〈滑・膝栗毛・三〉

  1. 美しい女。

    1. 「今の世までも眉目 (みめ) よき女を―といふも、この香具山のいはれなるべし」〈浄・会稽山

[補説]歴史的仮名遣いは、「をやま」「おやま」のいずれか未詳。

出典:青空文庫