平安時代、朝廷の後宮に仕える女房の服装。宮中内に起居するので、奉仕のときに朝服を着用した。後世、俗にいわれる十二単 (じゅうにひとえ) で、白小袖の上に紅の袴 (はかま) をはき、単 (ひとえ) 五衣 (いつつぎぬ) 打衣 (うちぎぬ) 表着 (うわぎ) を重ね、腰に裳 (も) をつけ、唐衣 (からぎぬ) を着る。鎌倉時代以降、装束は簡略化された。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉