2が原義》

  1. 妻のこと。多く、夫が自分の妻をさしていう。にょうぼ。「―に頭があがらない」「恋―」「世話―」

  1. 女官の部屋。また、朝廷に仕える女官で、一人住みの部屋を与えられた者。出身の階級により、上﨟 (じょうろう) 中﨟下﨟に大別される。

    1. 「―の曹司には、廊の廻りにしたるをなむ割りつつ給へりける」〈宇津保・藤原の君〉

  1. 貴族の家に仕える侍女。

    1. 「かのふる里は―などの悲しびに堪へず、泣き惑ひ侍らむに」〈・夕顔〉

  1. 中世・近世、一般に女性、また、愛情の対象としての女性のこと。

    1. 「あひそめし―に、はらるれば、せく心出き」〈難波物語〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫