《古くは「ぬび」》

  1. 召使いの男女。下男と下女。

  1. 律令制における賤民 (せんみん) の一。奴は男子、婢は女子のこと。官が所有する公奴婢 (くぬひ) と私人が所有する私奴婢とがある。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫