• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

元禄期(1688~1704)を中心に流行した浮世草子の一。遊里などにおける好色生活を主題としたもの。作者に井原西鶴西沢一風江島其磧 (えじまきせき) ら。好色物。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉