• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. どうしたらよかろうか。

    1. 「仲頼、―◦むと思ひ惑ふに」〈宇津保・嵯峨院〉

  1. どうしようもない。しかたがない。

    1. 「―◦む葛 (くず) のうら吹く秋風に下葉の露の隠れなき身を」〈新古今・恋三〉