• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《「ぞ」は係助詞》
  1. 状態・原因などについての疑問、または質問の意を表す。どうして。

    1. 「そことなき恨みぞ常に思ほゆる―人のあらずなる頃」〈風雅・恋四〉

  1. (次に来るべき「ある」を省略して)どういう状態であるか。どうだ。

    1. 「―。月は見給ふや」〈和泉式部日記