《「みょうでん」とも》すぐれた教えを説いた経典。特に法華経をいう。

「かの一乗―の御読誦 (ごどくじゅ) もおこたらせ給はず」〈平家・六〉