• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

北極星を神格化した菩薩。国土を守り、災難を除き、長寿をもたらすとされる。日本では、眼病平癒・安産・良縁のためにこの菩薩を本尊として行う修法があり、密教ならびに日蓮宗で祭祀。北辰 (ほくしん) 菩薩。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉