• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸初期のキリシタンの教理書。3巻。ハビアン著。慶長10年(1605)成立。妙秀・幽貞という二人の尼僧の対話形式で、神道・儒教・仏教を批判し、キリスト教の教理を説く。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教]カテゴリの言葉