• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《万葉集・一四四六「春の野にあさる雉 (きぎし) の妻恋に己 (おの) があたりを人に知れつつ」の歌から》キジの別名。

「―の羽音に怖ぢる身となるは」〈浄・冥途の飛脚