• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 過ちをわびるために、事情を記して関係者に提出する書類。しまつがき。「始末書をとられる」

  1. 公的責任を問われている者が、自己に関して問題になっている事柄の一部始終を記載して提出する文書。

[社会/社会関係の言葉]カテゴリの言葉