• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 上代、氏 (うじ) を尊んだ称。氏そのもの、または朝臣 (あそみ) 宿禰 (すくね) など、氏の下に付けてよぶものをいう。また、両者をあわせたものをも「かばね」とよぶ。狭義には、朝臣・宿禰などのことをさす。古代の「かばね」には、臣 (おみ) 連 (むらじ) 造 (みやつこ) 君 (きみ) 直 (あたえ) など数十種あり、氏の出自によるものと、氏の職業に与えられたものとがある。

  1. 天武天皇13年(684)の八色 (やくさ) の制で定められたもの。真人 (まひと) 朝臣宿禰忌寸 (いみき) 道師 (みちのし) 臣 (おみ) 連 (むらじ) ・稲置 (いなぎ) の「かばね」を諸臣に与えて、氏族の身分秩序を確立しようとしたもの。