• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

知っている人なのに、知らないふりをすること。弥三郎は、弥次郎・弥十郎などともいう。

「この世の人とも思はれず、―殿の御礼」〈浮・一代男・七〉