• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

妻が婚姻中に懐胎した子を、法律上、夫の子と推定すること。婚姻の成立から200日経過後、または離婚後300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定され、夫以外の男性との間に生まれた子であっても、出生届を提出すると夫婦の嫡出子として戸籍に記載される。

[補説]民法772条の規定によるもので、扶養義務を負う父親を早期に確定し、子の身分関係を安定させることが目的。嫡出推定を否定するには、嫡出否認親子関係不存在確認などの手続きが必要。